2018年12月27日

オスがいなくてもメスだけで子孫を残せるゴキブリ

オスがいなくてもメスだけで子孫を残せるゴキブリ




ほとんどの生物はオスとメス、男と女がいることで次世代の子どもが生まれてくるのですが、ゴキブリの一種であるワモンゴキブリは、雌だけで子孫を残すことができる単為生殖なのだそうで、他にも両生類や爬虫類、魚類や節足動物も可能なのだそうで、中には雄だけでも雌だけでも子ども産むことができる生物もいるようです。

このワモンゴキブリは、母親とまったく同じ遺伝子を持つ子ども産むことになるのだそうで、今で言うとクローンを作り出していることになるのでしょうが、同じ遺伝子ということは性質が同じになってしまうので、その性質が不利に働く病原体が発生して広がると、同じ遺伝子を持つ複数がダメージを受け、生存に大きな障害となることが危惧されるようです。

オスとメスがいることで、色々なパターンの遺伝子を持った子供が生まれることで、病原体など様々なケースで生き延びられる遺伝子を持った子孫が繁栄できるのですが、同じ遺伝子だと壊滅的なダメージを受ける心配もあるのだそうで、多様性は大切のようです。



Posted by caveqfp at 07:56